カンデラとサルサ

エドガルドカンボンをフィーチャー

このアーティストの魅力は次のとおりです。

  • カンデラは、「チューチョ」バルデース、エディパルミエリ、カルロスサンタナ、オマールソーサ、ボビーマクファーリン、数え切れないほどのサルサロマンティカのスターと共演し、レコーディングを行ってきたウルグアイの歌手兼コンガドラマーのエドガルドカンボンが率いています。

  • サンフランシスコを拠点とするバンドは30年以上前に結成され、カリフォルニアで最も確立されたサルサオーケストラの1つです。  

  • カンデラは、キューバ、プエルトリコ、メキシコ、米国のパフォーマーを、ピアノ、ベース、トロンボーン、サックス、フルート、ギター、コンガドラム、ティンバレス、ボーカリスト、ダンサーとともにフィーチャーしています。

  • 公演には、オスカール・デ・レオン、マーク・アンソニー、エディ・パルミエリ、ティト・プエンテ、セリア・クルースによるラテン標準をミックスしたエドガルドのオリジナル曲が含まれ、すべてフルストリングオーケストラが含まれるように編曲されています。

  • カンデラという名前は、昔、通りの縁石のそばで小さな火を灯してコンガを温め、調整するドラマーにちなんで付けられました…。「Darle CANDELA al tambor」(ドラムに火をつける)。

「…グアラチャからチャチャチャに完璧に移動し、ボレロでスローダウンし、クンビアまたは現在のバチャータで少しスパイスを効かせ、より速いマンボまたはメレンゲで観客を熱狂させます。」

ラテンビートマガジン

「エドガルドと彼のバンドカンデラの音楽、音、エネルギーは私たちのイベントのハイライトでした!」

—サンフランシスコジャイアンツ

ロジスティクス

  • プログラムは、カンデラ指揮者による1回のリハーサル、または常駐指揮者による2回のリハーサル用に設計されています。

  • パフォーマンスは、ジャズクラブ、室内楽スペース、屋外イベント、コンサートホールなど、小規模から大規模まで、楽器や会場に柔軟に対応できるように設計されています。

人員

  • コンガ/ボーカル、クアトロ/ギター、トロンボーン、ティンバレス、ピアノ、フルート、ベース、サックス、ダンサーなどのメンバーとのスタンドアロンとしてのカンデラ。 (一部の楽器は、カンデラの承認を得て、常駐のオーケストラメンバー/コミュニティによって実現および/または拡張される場合があります)

  • このオーケストラは、室内弦(3.3.3.2.1または常駐オーケストラが提供する拡張弦)についてもスコアリングされます。

実行時間

  • 休憩なしで75分または

  • 休憩付きの2つの45分の半分

  • カンデラの承認を得て、プログラムの要件に合わせてこれらの時間を調整する柔軟性があります

すべての音楽はカンデラによって作曲および編成され、演奏契約の一部として常駐オーケストラに提供されます