ストリングスのチャーリー・パーカー

このアーティストの魅力は次のとおりです。

「アンドリュー・スパイトは音楽のトーチを次の千年紀に運ぶでしょう。」

ウィントン・マルサリス

  • チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングスは、1949年と1950年にヴァーヴ・レコードに録音された2枚のアルバム、第I巻と第II巻の名前です。それらはパーカーの生涯で最も人気のあるアルバムでした。それはパーカーの彼自身のレコーディングのお気に入りでした。

  • オーストラリアのジャズサックス奏者、アンドリュースパイトとサンフランシスコを拠点とするミュージシャンの彼のリズムセクションは、パフォーマンスで両方のアルバムの多くを実現しています。アンドリューはサンフランシスコ州立大学の教授であり、ミシガン州立大学のジャズプログラムも率いています。

  • これらのアルバムでのチャーリーパーカーの成功は非常に革新的であったため、彼は多くのジャズミュージシャンが自分のアルバムを弦で録音する背後にあるインスピレーションになりました。 1955年の弦楽器のクリフォードブラウン。 1961年のスタンゲッツによる焦点;ポール・デスモンドとフュージョンによるデスモンド・ブルー(1961-62)!ウェス・モンゴメリー(1963)によるものは、その数のほんの一部です。

  • チャーリーパーカー(バードアンドヤードバードとも呼ばれます)とバンドメイトのディジーガレスピーは、1945年にバップまたはビバップと呼ばれるジャズのスタイルを発明しました。これは、速いテンポ、複雑なコード進行、即興の妙技が特徴です。

サンプルトラック

ロジスティクス

  • プログラムは、チャーリー・パーカーとストリングスの指揮者による1回のリハーサル、または常駐指揮者による2回のリハーサル用に設計されています。

  • パフォーマンスは、ジャズクラブ、室内楽スペース、屋外イベント、コンサートホールなど、小規模から大規模まで、楽器や会場に柔軟に対応できるように設計されています。

人員 

  • アルトサックス、ピアノ、ベース、ドラム+弦楽四重奏、オーボエ、またはヴァイオリンI(ヴァイオリンII、ヴァイオリンIII、ヴィオラ、チェロを提供するレジデントオーケストラ)のメンバーとのスタンドアロンとしてのチャーリーパーカーとストリングス。常駐オーケストラは、承認を得て、ピアノ、ベース、ドラムを提供する場合があります。

  • このオーケストラは、室内弦(3ヴァイオリンI、3ヴァイオリンII、3ヴァイオリンIII、3ヴィオラ、3チェロ、1オーボエ)または拡張弦室内オーケストラ+オーボエについても採点されます。

実行時間

  • 休憩なしで75分または

  • 休憩付きの2つの45分の半分

  • チャーリーパーカーとストリングスの承認を得て、プログラムの要件に合わせてこれらの時間を調整する柔軟性があります

すべての音楽はチャーリーパーカーとストリングスによって作曲および編成され、演奏契約の一部として常駐オーケストラに提供されます

「緑豊かで、詩的で、地獄のようにロマンチック」

すべての音楽ガイド